オフィスや学校、病院などにある

ビルや大きな建物に設置される照明は数が多くなるので、どうしても電気代の負担や交換のための手間が増えてしまいます。特にオフィスや学校、病院にはたくさんの照明が必要になってきます。しかし、LED照明であれば、電気代の負担を軽減し、交換の手間も省くことができます。LEDの場合は従来の電球よりも数倍もちますし、エネルギーの消費量も従来の4分の1から5分の1まで軽減することができるので、既存の照明をLEDに代えることによって、お得になると考えられます。

工場や倉庫などにある

工場や倉庫にも電球は絶対的に必要になってきますが、工場や倉庫の場合は、高いところに照明が設置されていうことが多いので、特に交換する際のコストや手間が大きくなってしまう恐れがあります。そこで、照明を寿命が長いLEDに代えることによって、次に交換するときはおよそ10年後となるので、交換の手間を省くことができます。また、コストに関しても電気代を大幅に軽減することができますので、大規模な工場や倉庫であればあるほどお得になるということが言えるでしょう。

コンビニエンスストアなどにある

コンビニエンスストアの場合、最近は24時間営業が当たり前になってきていますから、長時間照明をつけっぱなしにすることになります。特にコンビニエンスストアでは、エネルギー使用の合理化を図るための法律が定められていますから、イメージアップのためにもLEDを導入するコンビニエンスストアが増えてきています。また、コンビニエンスストア以外にも一部の商店などでも装飾用の照明や電子看板にLEDを使用することが増えてきました。

LEDライトパネルの場合、蛍光灯と違って紫外線を発生させないため、屋外で使用しても虫が集まる心配をせずに済みます。