包茎にも種類が存在する!

男性の代表的な悩みである包茎には、いくつかの種類があります。まずは包茎の中でも割合が多い仮性包茎です。仮性包茎は通常時だけ皮がかぶっていたり、亀頭の半分まで皮がかぶってしまう包茎のことです。続いての真性包茎は亀頭全体が皮で覆われている状態であり、さらに自分でやっても亀頭を露出させる事ができない包茎をカントン包茎といいます。それぞれにデメリットがあり、手術の必要性が変わるので、まずは自分がどの状態なのかをしっかり把握しましょう。

包茎のデメリットとは!

仮性包茎は基本的にはデメリットがないので、自分が男として恥ずかしいと感じる場合以外は手術しなくても構いません。実際、温泉などでも仮性包茎の方は多くいるので、そこまで恥ずかしいものではありませんよ。ただし真性包茎やカントン包茎になると、不衛生な状態になることが多く、感染症の原因になることもがあります。さらに、カントン包茎の方で酷い状態になると、性行為も上手く出来ないケースもあるので手術をオススメします。

手術をする意味とは!

このように、現在包茎で悩んでいる方は自分の包茎と問題点を理解し、適切な手術を受けましょう。包茎手術は、美容整形クリニックなどでできますが、病院選びは慎重に行うようにして下さいね。クリニックの実績と包茎手術に慣れている先生がいるのかを事前にしっかりと調べる事が大切です。傷跡の残り方にも影響する事があるので、手術費用の安さだけではなく、安心と信頼を持てるクリニックを見つける事が、後悔しないためのポイントになります。

包茎手術のポイントを理解するにあたり、いくつかの物件のメリットを欠かさずにチェックすることが大事です。